| RSS1.0 | Atom0.3 | Login. |
スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - | - |
トップオブスイングの時に右腰が外れるとパワーロスに


僕のスイングのクセの一つに、トップオブスイングの時に右腰が右に動いて
スウェイしてしまうことがあります。

要は、せっかく上半身を捻ってパワーを作ろうとしているのに、耐え切れなくて
右腰が動いて緩んじゃいます。

このクセがまた直すのがなかなか難しい。

素振りしていてもなかなか気が付かないんです。

変に意識し過ぎると今度はスイングがおかしくなるし・・・。


右腰のスウェイを抑えるには、バックスイングをするときに右足に体重を移して、

右ひざと右足の付け根でしっかりと体重を支えるようにすると良いそうです。


結構体勢がキツイですが、キツければスイングが出来ているということで、これから
これを意識して何回も素振りして無意識にできるぐらいまで練習しようと思います。

今日は50回ぐらい振ったらもう汗が出てクタクタになりました。。。
なんか腰回りの筋肉をビシビシ使うので、そのうちクビレができそう(笑)


| ゴルフ上達法 | comments(0) | trackbacks(0) |
スイングのスピード


最近、ゴルフの練習で少しスイングのリズムを早くしました。

この前、庭でクラブを振っていて気がついたのですが、ある程度早く振らないと逆に
不安定になるんだなぁと。

まぁ、当たり前なんですけど改めて認識したといいますか。

今までスイングは丁寧に軌道を意識しながら、考えながら振っていたところがあったのですが、
これだと遅すぎるようです。

ある程度早くしないとクラブのしなりとか反動が活かせないので、かえって切り返しの
タイミングなどがわからなくなることに気が付きしました。


そういえば昔、練習場でゴルフのコーチに教わった時に、やたらもっと早く、早く
とスイングを早くするように急かされたことがありました。

きっとこの事なんですね。
数年を経て今納得 


ただ、考える間が今までよりなくなるので、反復練習をして正しいスイングを体に染み込ませないと、一度リズムが崩れるともれなく崩壊。

またこれになれるまで時間がかかりそうです。




| ゴルフ上達法 | comments(0) | trackbacks(0) |
パターと肩の動き


先日ラウンドでショートパットがなかなか入らず、とある機会にレッスンプロの先生に相談しました。

そのときの内容を忘備録も兼ねてまとめておきます。

パット自体は型なしで、人それぞれ、打ち方もそれぞれとのこと。
でも頭を動かすのはダメ。

あと、肩を横に浮かすのではなく、縦に動かすとパターを打ち出し方向にそって出しやすい。


図にまとめると、こんな感じ。


パターの打ち方




ようは地面と並行に肩を動かすとパターをまっすぐに振れないので、縦方向に動かすイメージで打つと良いとのこと。

あとは、ボールを打ちにいってしまうと肩が前に出たり、頭が少しずれるので、ボールは
意識せずに、パターの振りの中にボールが置いてあってたまたま当たるイメージで。



これを聞いて自宅のパターマットで練習してみたら、確かに打つときに頭が少し左にずれていました。

そして打つ気満々で振ると、右肩が前に出ていました。


意外と頭を動かさずに、体の中心でストロークするのは難しい。
なんとなく振り遅れ気味な感じがするし。



素振りではうまく振れるのに、ボールを前にするとなかなかうまくいかない。

小さなボール一個前にしただけで気持ちいいくらいフォームが崩れるので逆に笑えてくる。(笑)


こりゃ、かなり練習しないと本番で体現するのは無理そうです。

無意識にこの動きができるぐらい練習せねば。



皆様参考にどうぞ。






| ゴルフ上達法 | comments(2) | trackbacks(0) |
コースマネージメント(スコアマネージメント)の立て方


ゴルフのコースマネージメントは皆さんやってますか?

ちなみに僕は今日紹介する記事を見るまで、とりあえずティーショットは基本ドライバーでとにかく
いける所まで飛ばし、あとは残りの距離を見てクラブを選択していました。


これでは、サル同然(いや、サル以下?)の全く頭を使っていないプレイだと最近になって
気が付きました。(笑)

スコアアップしたいなら、自分の実力をきちんと把握して、状況に応じて相応のプレイを
選択しないと上達もしないばかりか、泥沼に自らハマルことになってしまいます。


スコアーマネジメントの立て方って難しい?
http://comecome-golfing.com/hunsen/meurokohunsen/Course-management.html


きちんとラウンドするコースを下調べすることも重要なんですね〜。




| ゴルフ上達法 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴルフの手打ちの意味がようやくわかった!スイングイメージとまとめ


ゴルフを始めて約2年。

これまで色々なレッスン記事や動画を読み漁り、下半身主導、ボディーターンそして手打ちなど
スイングの基本は耳にタコができるくらい見たり、聞いたりしてきた。

そしてわかった気になっていた。。。


んが、最近になって久々に素振りをしていてピンっ!ときた。


あ〜、今までの俺のスイング、ずっと手打ちじゃん。


今になってようやくゴルフスイングの手打ちの意味がわかった。(気がする)

そういえばはるか昔に最初にゴルフを教えてくれた師匠がそんなことを言っていたな〜と
今になってようやく理解。


ゴルフスイングの手打ち解消のイメージと今回のヒラメキを忘れないうちに図を交えて
メモしておきます。

ゴルフ初心者の方々にも参考になれば幸いです。



続きを読む >>


| ゴルフ上達法 | comments(7) | trackbacks(0) |
インパクトのタイミングを練習するドリル


ゴルフスイングのインパクト時の腰の使い方をマスターする練習方法を紹介。

ゴルフスイングでインパクトの時、肩、腰、足はどんな状態が理想なのでしょうか。

インパクトのタイミングが分からない人、体重移動がうまくできない、足腰が疲れてくると
ショットが乱れてしまう
人はこの練習ドリルで腰の使い方をマスターしましょう。

腰で覚えるインパクト


これをしっかりとマスターして、無駄なくボールにパワーを伝えることができれば飛距離アップ、安定性が増すかも。

JUGEMテーマ:ゴルフレッスン
 


| ゴルフ上達法 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴルフスイングのコツ 〜脇を閉める〜


今日、ゴルフのチェックをしていて久々にコツを掴んだ。


「スイング時は脇を開かないで、閉めてスイングしなさい」


これ判った。


ゴルフスイングでよく言われることだけど、今までわかっていたようで実は実践できていなかった
ことが判明。


今までもちろんなんとなくだけど脇の意識はしていた。

だけど、閉め方や閉め具合などが間違っていた(甘かった)ことに今日気が付いた。


脇はアドレス→バックスイング→トップ→ダウンスイング→インパクト→フォロー(途中まで)
ずーーーーーーーーーっと閉めてないといけないのだ!


それもかなりしっかりと。脇毛が縮れるほどに。
胸を寄せ上げするようにキュッと。


そうすると、ビックリするぐらい今まで悩んでいたダフリ、トップの回数が減った。

これは脇を閉めることによって腕と胴体を一体化し、腕振りだけでのスイング(手打ち)を
防げるからだ。

こうするとある意味自由が利かないため、スイングがぶれにくくなる。


今更ながらの発見だけど、振り返ると今までこの脇閉めに気が付くチャンスは何度もあった。

師匠のアドバイスに始まり、ネットで見つけたスイング理論、左脇にタオルなどを挟んでスイングする練習ドリルなどなど・・・・。


ただ、これまで実際に練習せずわかった気になって実行していなかった。


面倒臭がらずにきちんと脇にタオルなどを挟んだスイング練習をしていればもうちょっと早く気が付けたはず。。。


今回の発見はプロが考えた練習ドリルはネット上に沢山紹介されているが、一つ一つ謙虚に実践して自分のスイングをチェックする重要性をしみじみ感じた。


ゴルフ初心者でスイングが安定せずダフリやトップを出しやすい人は是非以下の練習してみて。


ヘッドカバーやタオル、グローブなどを左脇に挟んで落ちないようにハーフスイングをする。

無理に腕を動かさず、腕と胴体が一体化させることを意識してなるべく腰と下半身の回転で
スイングするのがコツ。

最初かなり窮屈に感じると思うけど、これが正しい腕の振り方とのこと。


あぁ、早く練習場で試してみたい。

JUGEMテーマ:ゴルフ練習
 


| ゴルフ上達法 | comments(3) | trackbacks(0) |
ゴルフスイングのイメージ改革


JUGEMテーマ:ゴルフ練習

ゴルフはメンタルがとても重要なスポーツといわれている。
それゆえ、考え方次第でゴルフスイングも大きく変わってくる。

先日、フラフラと仕事の合間にネットサーフィンしていたら、ゴルフのイメージ作りに
役立ちそうなサイトを発見。

ゴルフイメージ革命
http://www.naturalgolf.co.jp/golfimage/index.htm


1〜60回に分けてイラスト付きでゴルフスイングに関するイメージやドリルが掲載されている。


これを見て自分のスイングを確認してみては?


| ゴルフ上達法 | comments(0) | trackbacks(0) |
ゴルフスイングの連続写真を一発で探す方法


ゴルフスイングを改良する時にお手本としてゴルフのレッスン動画などをよく見るけど、
スイングなどは連続写真のほうがわかりやすかったりする。

ただ、自分のイメージしているゴルフスイングの連続写真がなかなか見つからない。
探しても、画像が荒かったり、参考にならないような素人写真だったり、とにかくゴミみたいな
写真が腐るほどネット上に溢れていて時間ばかりが過ぎていくことも多い。


希望した写真が一覧でパッと表示されて出てきたらいいのに・・・・


はいっ、そんな思いを抱いているテレビの前のあなた!(誰?)

そんなツールあります。しかも超簡単に自分の欲しい写真が見つかります。


そのツールとは、Googleの〜がぞーけんさくぅ↑


以下のURLにアクセスして、例えば「ゴルフスイング 連続写真」と入力してみて。
そうするとサムネイル画像が出るわ出るわ。

http://images.google.co.jp/imghp?hl=ja

プロのスイング写真やゴルフレッスンの解説付きスイング写真、ゴルフ理論など
20万件以上ヒットした。

これは使える。お試しあれ。


JUGEMテーマ:ゴルフ
 


| ゴルフ上達法 | comments(0) | trackbacks(0) |
アプローチでダフリが出る時の対処法


ゴルフのアプローチでダフリが出てしまう時の応急処置法をネットで見つけた。

一打目、2打目がうまくいって、これはパーが取れるかも?なんて思ったら、地面にザクッ!
アプローチで失敗して結局ボギーみたいなことはよくある。

一度変な雰囲気になるとなかなかわかっていても直らないのがゴルフの難しいところ。

そんなときに「アプローチのザックリ(ダフリ)を解消する応急処置法」を覚えておくと
役に立ちそう。

アプローチのザックリを解消する応急処置法

簡単に言うと、スタンスを狭くして、手首を固め、パターのように払う打ち方
をするといいみたい。

こんど打ちっぱなしにいったら練習してみよう。


で、これを意識しすぎると今度はトップになったりするのがお約束(笑)。
そんなときは、トップが出てしまう時の対処法なんてのもある。


アイアンでトップが出る場合の対処法





JUGEMテーマ:ゴルフ練習


| ゴルフ上達法 | comments(1) | trackbacks(0) |
Page:  1/2   >>

ゴルフブログへようこそ!

ゴルフブログへの訪問ありがとうございます。 ゴルフに関するアドバイス・叱咤激励のコメント大歓迎です!

よろしければこちらからブックマーク(お気に入り) に追加してください。


Category

Entry

Comment

Yoshio. (01/04)
AK. (12/08)
Yoshio. (12/07)
Yoshio. (04/26)
Ak. (01/29)
Hiroshi. (01/28)
ak. (12/17)
Yoshio. (12/15)
Ak. (07/27)
Yoshio. (07/26)

Profile

Archives

Link

Search this site.

ブログランキング

Mobile

qrcode